簿記と経理

2021/01/30

こんにちは。経理担当のTRです。

今回はせっかくの阿部商会”採用”ブログですので

私が学生時代に経理の仕事を志望し就職活動した際に悩んでいた

”簿記の資格を持っていると経理の仕事で役に立つのか”

ということについてひよっこではありますが

それでも気付いたことがあったので書いてみようと思います。

 

車両の購入を例にみてみると

(車両運搬具)××× / (当座預金)×××

というような仕訳を日商簿記2・3級で切っていた記憶があるのですが

 

実際に仕訳を切る際には

検査登録等費用や保険料、各種税金、リサイクル料

など考慮すべきことがたくさん出てきます。

(車両運搬具)××× / (当座預金)×××

(支払手数料)×××

(保険料)  ×××

(租税公課) ×××

(立替金)  ×××

 

また購入時に付随してかかった費用は

車両運搬具に含るべきなのか支払手数料にするべきなのかなどなど

 

初めて車関係の請求書を見た時は

項目のあまりの多さに驚き

頭の上にハテナが20個くらい飛び交っていました。。。

 

今のような経験が日々あり

学生時代の勉強がそのまま役に立つとは必ずしも言えませんが

(車両運搬具)××× / (当座預金)×××

この簿記で切っていた仕訳も

実際の仕訳の基礎(仕訳の1行目)ではあるので

決して役に立たない訳ではなく

ある程度基礎を勉強していることで

仕事中の新しい発見も多少は増え

楽しく勉強できるのではないかなと思います。

 

何だか抽象的な話になってしまいましたが

全てが、とは言い切れませんが役に立ちます!

学生の方は安心して勉強頑張って下さい!!

経理に限らず社会人になってからの勉強は

実務として傍にあるものの勉強なので楽しいです。

これからも日々勉強し頑張ろうと思います。

 

それではまた。

ページトップへ