PC便利技

2021/03/27

阿部商会ブログを見ていただきありがとうございます。物流兼受注担当USです。

4月からの体制変更により受注の任を解かれ物流専門となります。

社員の方でこれを見てる方どれくらいいるかわかりませんが、いままででお世話になった方々、本当にありがとうございました。

~閑話休題~

さて話は変わって新社会人へ向けて自分がよく使う覚えておいた方がよさそうなPCのコマンドやツールなどを僭越ながらこれから紹介していこうと思います。

そんなもの必要なの?と思う方へソフトウェア開発などもそうですが業務ではまだまだPCが主役です。それはどこの会社でも同じなはずです。スマホなんて連絡でしか使いませんので知っておいて損はないはずです。

今回はショートカットキーを紹介

ぶっちゃけGoogleなどで「ショートカットキー」とかで検索したら出てくるんで必要ないと思う方は回れ右してください(Alt+F4で回避できるぞ!・・・というのは昔某動画サイトとかで流行ったネタです。※ちなみに現在アクティブ状態のアプリケーションのすべてのタブが丸ごと終了します)

ただ検索して出てくる内容ってすごく膨大なので自分がよく使っているものから紹介していこうと思います。

Ctrl + C コピー

Ctrl + V ペースト(直前にコピーしたものを貼り付け)

Ctrl + S 上書き保存(保存されていないファイルだと保存画面が呼びだされます)

Ctrl + P プリント(最前面のウィンドウが対象)

Ctrl + F ページ内検索

Ctrl + W 最前面のアクティブ状態ウィンドウのみ閉じる

Ctrl + Tab タブの切り替え(アクティブ状態のアプリケーション限定)

Alt + Tab アクティブ状態のウィンドウの切り替え(起動しているすべてのアプリケーションが対象)

Windowsキー + M すべてのウィンドウを最小化

自分が良く使ってるなーと思うのはこんな程度でしょうか。使える人はもっと使ってるんでしょうがこれだけでもだいぶ違います。

コピーペースト(コピペ)はよく使うので覚えるならまずここからでしょうか

例えば同じ語句を毎回いちいち打ち直していると必ずタイプミスが発生します。もし大事な資料とかで打ち間違えてしまったりすると余計なトラブルや誤解を与えてしまいます。ただのタイプミスでそれだけ影響を与えてしまったりもするので使えておいて損はありません。

「Ctrl + S」はいわゆる「クイックセーブ」といったところです。資料を作成している途中で何らかの原因でPCが落ちてしまったとき、保存されていないがためにまた最初から・・・というのをこのコマンドのみで解決できてしまうズグレモノです。

「Alt + Tab」は一回押して離すと直前に使っていたウィンドウと切り替えることができます。さらにAltキーを押しっぱなしにした状態にすると方向キーで自由にウィンドウを選択できるのですぐにそのウィンドウを呼び出したいときに便利です。

他にも色々書こうかなと思いましたが長くなりすぎるので今回はここまでです。

次回があるかはわかりませんがまた紹介していきたいと思います。

今回はこの辺で

では

 

 

ページトップへ